外壁の下地処理

高圧水洗洗浄

年月が経過しますと、汚れ・ホコリ・カビ・藻などが発生いたします。簡単に言うとホコリ落しなのですが、かなりの高圧で洗い流さないと意味はありません。この水洗いによって汚れなどを落とし、現状の壁面と仕上げ塗装材との付着強度を高めることができます。

モルタル面のひび割れ

先ほど説明しましたように伸縮・振動などで亀裂が生じます。今後の伸縮・振動にも対応できるよう弾力のあるコーキングを指で亀裂の中に擦り込みます。 また亀裂表面に約1cmのコーキングを打ちます。

サイディングボード目地の亀裂

亀裂の入ったコーキングを除去します。除去した目地部に専用の接着剤を塗ります。接着剤の乾燥後、弾力のあるコーキングを打ちます。

基本的な下地処理は水洗いとひび割れの処理になります。
しかし、外壁材や外壁仕上げ材によって下地処理は違ってきます。次にそれぞれの外壁仕上げ材による下地処理についてご説明いたします。

砂壁状の仕上げ材の下地処理

砂壁状というのは、リシン・スタッコなどがありますが、これらはいずれも撥水性(水をはじく力)がなく、どうしても吸い込みがあるため、吸い込みを防止する必要があります。これをがアンダーフィラーという下地調整材です。

吸い込みのない仕上げ材の下地処理1(吹き付けタイル・サイディングボード塗装品)

工場で塗装されたサイディングボードや吹き付けタイルなど、比較的吸い込みのない下地に関しては、基本的に直接仕上げ材を塗装しても問題はありません。しかし、表面がザラザラしていたり、チョーキング(白化現象)が著しい下地についてはシーラーという白色系(または透明)の下地調整材を塗ります。

吸い込みのない仕上げ材の下地処理2(金属サイディング・鉄板)

これらの壁材にはまずケレンといわれる目荒らしをします。これは紙ヤスリで表面をこするような処理で、表面をザラザラにします。なぜケレンが必要かというと、金属系の壁はいわゆる鏡面(鏡のように表面がつるつる)であるため、付着強度がありません。そこでケレンをすることによって表面に軽く傷を付け、傷の中に塗料をくい込ませるのです。
また、表面に錆が発生している場合は、当然錆び止め処理が必要です。錆止め塗料にもいろいろありますが、エポキシ系錆止めをおすすめします。これは内部に浸透する錆止めで、表面の錆だけでなく、内部の浸食を防いでくれます。

その他いろいろな下地がありますが、基本的にはシーラーやアンダーフィラーなどの下地処理剤で付着強度を高める必要があります。また、木壁などはケレンの上、吸い込みが激しいため下塗りが必要です。

高圧水洗洗浄

年月が経過しますと、汚れ・ホコリ・カビ・藻などが発生いたします。簡単に言うとホコリ落しなのですが、かなりの高圧で洗い流さないと意味はありません。この水洗いによって汚れなどを落とし、現状の壁面と仕上げ塗装材との付着強度を高めることができます。

いずれも下地処理方法は同じですが、屋根専用のシーラーを塗ります。特に、2度目以上の塗替えをされる屋根については、浸透性シーラーを塗ります。なぜかというと、現状の塗料より強い仕上げ材を塗ると、以前塗った塗料をはがしてしまう恐れがあるからです。そのためシーラーを浸透させ、下地を固めてしまう必要があります。
また、スレート瓦に特有ですが、表面がザラザラしている場合には、カオチン系フィラーというセメントのような材料で表面を調整する必要があります。

金属屋根(カワラボー)

外壁の項の金属サイディングと全く同じ方法で下地処理をします。
重複しますが、同じことを書きます。まずケレンといわれる目荒らしをします。これは紙ヤスリで表面をこするような処理で、表面をザラザラにします。なぜケレンが必要かというと、金属系の壁はいわゆる鏡面(鏡のように表面がつるつる)であるため、付着強度がありません。そこでケレンをすることによって表面に軽く傷を付け、傷の中に塗料をくい込ませるのです。
また、表面に錆が発生している場合は、当然錆び止め処理が必要です。錆止め塗料にもいろいろありますが、エポキシ系錆止めをおすすめします。これは内部に浸透する錆止めで、表面の錆だけでなく、内部の浸食を防いでくれます。

その他基本的に塗替えのできない瓦があります。それは、洋瓦のような陶器状の屋根、特殊な金属屋根です。ただし、どうしても塗替えできないということはありません。

雨漏りについて

屋根については、前章でも説明しましたが、建物の中で最も大事な部分ですから、予算等の関係で外壁は後回しにしたとしても、屋根のメンテナンス(手入れ・修繕・修理)だけは充分にしておくべきだと思います。
特に、雨漏りしている場合は必ず直しておかなければなりません。いつまでも放置しておくと取り返しのつかないことになることがあります。
雨漏りで一番難しいのは、原因を特定することです。多くの場合、原因を特定することができなくて、「多分これだろう」と思ってメンテナンスをしてみます。これで直れば良いのですが、直らない時は、やったことが無駄になり、代金もいただきづらくなります。
ですから、経験上、雨漏りに関してはできれば関わりたくないという業者が多いのです。しかし、お客様の困っていることを解決するのが業者としての良心であり、プロとしての心構えですから、直るまでつきあうのが引き受けた業者の責任だと思います。
めでたく雨漏りが直ったときは、私も本当にうれしくなって、お客様と一緒になって喜ぶことができます。

logo_box_inq.pngfreedial_box_inq.png
株式会社CUBEリノベーション
■千葉店:千葉市美浜区幕張西2-7-16-3F
 Tel.043-350-5255/Fax.043-350-5222
■埼玉店:さいたま市北区吉野町1丁目387-20
 Tel.048-780-2794/Fax.048-780-2974