いつが塗り時? 外部の危険信号

さて、新築から10年近く経過するといろいろな箇所に痛みが生じてきます。これらが今すぐ危険ということはありませんが、そろそろ塗替え時という合図です。それでは具体的にどんな危険信号があるのかご説明いたします。

1. 屋根(コロニアル・スレート・モニエル・カワラボー金属屋根共通)

屋根の種類については、下地処理の章でご説明します)

色あせ:
屋根の劣化の特徴として一番よく見受けられるのが、色汗です。屋根はどうしても直接、雨・風・紫外線など直接的に自然現象を受けるので、痛みは比較的早いです。
そり・ゆがみ:
屋根の表面塗装はその塗膜によってあらゆる外敵(自然現象)から屋根を守ってくれます。瓦は太陽熱を吸収します。色あせした瓦(主にスレート瓦)は、雨・紫外線を吸収してしまい、そり・歪みが見受けられるようになります。
錆・はがれ(金属屋根):
表面の錆だけだと思われがちですが、錆をそのまま放置すると内部まで浸食し、塗装だけでは処理できない場合もあります。
瓦の裏:
古い屋根の場合は、瓦の裏側にしかれているフェルトが劣化していますから、それが原因で雨漏りしてしまっている場合などは、いくら瓦の表面を塗装してもコーキングしても、雨漏りはなおりません。この場合は塗装でなく、たとえ一部でも瓦の葺き替えをしなければなりません。

2.木部(破風・窓枠・鼻隠しなど)

はがれ:
木部で特徴的なのはこのハガレです。まるで花が咲いているようになっていますが、これは木が呼吸しているからです。木部内部から空気を出してやろうとしているため、塗装表面が劣化して、弱くなっているところからはがれてきます。
木部の腐り:
表面の塗装のハガレだけでなく、直接雨などの漏水によって木が腐ってしまいます。

3. 外壁(モルタル・サイディングボード・鉄板共通)

(壁の種類については下地処理の章でご説明します。)

カビ・藻:
これは立地条件にもよりますが、湿気が直接的な原因なのは言う間でもありません。結露などに起因するものもあります。
チョーキング:
塗装表面を手でこすってみると、白い粉状になっているのがチョーキングと言われる白化現象です。塗装表面が自然現象で劣化し、本来のつやを失ってしまうとこうなってしまいます。表面塗膜がそろそろ寿命という典型的な症状です。
*塗装仕上げには材質によって艶ありと艶消しがあります。仕上げパターンの違いですから、このチョーキングは艶ありの塗装に現れます。この艶ありとなしについては仕上げの章でご説明します。
色あせ:
外壁もその方角(東西南北)によって自然現象の受け方が違ってきます。どうしても直接紫外線を受けやすい面から、色あせが出てきます。もちろん汚れもそうです。
モルタル壁のひび割れ:
新築時において、塗装面の下に左官がモルタルを塗ります。このモルタルは水を使いますので、新築以降、年月を経過するとその水分がなくなり表面にひび割れがおきてきます。これを建物の伸縮と言います。この建物の伸縮は10年〜15年程度経過するとおさまりますので、伸縮のひび割れはあまりおきなくなります。ただ建物自体が振動しますので、新たなひび割れがおこらないとは限りません。また、このひび割れからの漏水が内部の構造体(木部)を腐らす原因にもなりかねません。
サイディングボードの亀裂:
サイディングボード壁のひび割れは基本的にはありません。しかし、サイディングボードは現場で貼り合わせていきますので、その貼り合わせ部分には弾力のあるコーキングを打っていきます。このコーキングは年月を経ると硬化します。先ほどもお話ししたように建物自体は伸縮・振動しますので、コーキングは切れてしまいます。漏水すれば内部の構造体(木部)を腐らす原因にもなりかねません。
鉄板壁の錆・腐食
表面の錆だけだと思われがちですが、錆をそのまま放置すると内部まで浸食し、塗装だけでは処理できない場合もあります。

4.その他の部分の危険信号

雨戸:
雨戸は焼き付け塗装の工場製品ですが、年月とともに色あせなどが見受けられるようになります。
樋(とい、とよ):r
これは塩ビで塗装品ではありませんが、樋受けのバンドや金具がさびていたり、塩ビ館も硬化して色あせやひび割れがおこる場合もあります。
軒裏:
軒裏は湿気がおきやすいので、カビ・藻などの現象が見受けられます。

以上お話ししたようなものが主な危険信号ですが、これら以外にもいろいろな現象があります。また、これがすぐに危険につながるというようなことはありませんが、亀裂からの漏水、モルタル壁の欠落や浮きなどには十分注意が必要かと思います。

logo_box_inq.pngfreedial_box_inq.png
株式会社CUBEリノベーション
■千葉店:千葉市美浜区幕張西2-7-16-3F
 Tel.043-350-5255/Fax.043-350-5222
■埼玉店:さいたま市北区吉野町1丁目387-20
 Tel.048-780-2794/Fax.048-780-2974