見積から完成・お支払いまでのチェック法

さて、あなたが実際に塗替え、外装リフォームをしようと思われたら、ご予算に合わせて業者からお見積を取り寄せることになりますが、ここでは見積書のチェック法からご契約、着工、そして完成、引き渡しまでについてご説明いたします。

見積書にあわせて仕様書・調査診断書も必要

建物は人の体と同じです。人も年齢を重ねるとともに、定期的な健康診断をします。健康診断で発見された病気をよりよい治療法で治療しますね。
建物も同様に定期診断をしなくとも、施工する前には建物の現状を知るために調査診断書が必要不可欠です。そして調査書に基づいて仕様書を作成します。調査診断書・仕様書とご説明すると難しそうですが、要するに「今どこがどのような状態なので、どののような工法で施工します」といった説明書とご理解いただけたらと思います。ただの見積書と金額だけでは、その内容を理解しにくいと思います。原則的に無料のはずですから、調査書・診断書をぜひご請求ください。

見積は全体で

「この部分はまだきれいだからいい」よくこんなお話を耳にします。確かにそれも理解できますが、まずは全体の総額を、見積してもらうことをおすすめいたします。その後でご予算に合わせて不必要な部分を削除すればいいのです。
例えばこんな経験はありませんか? 部屋全体のそうじをした後で、糸くず一つ落ちているのが気になってしまう……それと同じで、全体がきれいになると今まで気にならなかった点も気になることが多いのです。
塗替えはほとんどの場合で足場が必要です。ですから足場が必要な箇所は、その際に一緒にしておくというのも経費の削減につながると思います。

見積は工程毎、施工箇所別に

見積の基本は、お客さんが見やすく書くということです。そしてなるべく詳しく書くということです。
そこで下記の表をご覧ください。

品目数量単位単価金額備考
1足場架設工事搬入・組立・解体共
丸太足場1001,000100,000
2外壁塗装工事
水洗い10030030,000
ひび割れ処理10010010,000壁面・壁面・サッッ周り
ウレタン塗装1001,700170,000
承継金額210,000

上記の表は見積書の一部ですが、施工箇所別、施工内容別に内訳を詳細に表しています。
つまり、「どこに何をどうすれば、どのくらい費用がいります」ということを明確にする必要があります。

見積の数量と単位

塗装替の場合、数量を表す単位として主に㎡(平方メートル)、m(メートル)、一式、箇所、人工(人夫)などがあります。
㎡は外壁・屋根などを表しますが、要するに縦×横の単位です。
一式ですが、これは一言で言うと「ひとまとめ」という意味です。例えば1㎡あたり単価1,500円の商品があったとします。数量が100㎡などまとまってあれば、150,000円となりますが、10㎡以下ぐらいになると、金額は15,000になります。この金額では採算が合わないわけです。そこで「ひとまとめ」=一式として割高料金になってしまうのです。
しかし、家全体の塗装替をする場合は別です。たとえ塀が5㎡ぐらいしかなくても、家全体の総額からすれば十分採算が合うわけですから、一式料金にはならないのが通常です。
数量は他にもいろいろな表し方がありますが、一式よりも細かい数量で明細を表すのが良心的と言えるでしょう。

見積書の中の諸経費は…

一部の業者では諸経費の項目で利益を上げるという場合もあるようです。諸経費の内容は業者によって異なりますので一概には言えませんが、通常工事費の5%〜10%程度です。

さあいよいよ契約へ…

口約束はとにかくトラブルの元です。簡単な工事の場合でも、明細をきちんと書いた見積書または契約書を取り交わすことが大切です。言った言わないのトラブルをよく耳にすることがありますが、そんなことにならないよう、工事範囲・金額・支払い条件・工期などを明記した契約書を取り交わすようにしましょう。

着工から完成へ

外装工事の工事期間は、家の条件などでまちまちですが、工事期間をきっちりと確認することが必要です。
また、工事期間中の注意事項(洗濯物や家の出入りなど)もよく確認しましょう。当然のことですが、着工前には近隣の方にもご挨拶をします。
工事期間中にあなたが疑問に思ったことなどはすぐに聞くこと、確認することが大切です。言いにくいとか任せてあるからとかは禁物です。
最初にお話ししたとおり、カタログ商品ではありません。職人が現場で作り上げていくものです。あなたとのイメージの違いがある場合もあるはずです。何でも聞いてください。

また、工事内容の変更や追加がある場合も同様です。ただ私の経験からお願いしたいことは、新たに確認したいことや、追加がある場合には営業担当者に聞いてほしいのです。 職人にはなるべく言わない方がいいと思います。職人に指示するのは、あくまでも営業担当者であり、それ以外の方に指示されると、誰の言うことを聞けばいいのか、あいまいになってしまう場合もあるからです。
 また、追加がある場合は、後凄惨にせず、その度に金額を確認してください。
よく営業担当者と工事管理責任者(現場監督)が違っている場合がありますが、私に言わせれば原則的に見積時から引き渡し、アフターメンテナンスにいたるまで同じ人が担当するべきだと考えます。

logo_box_inq.pngfreedial_box_inq.png
株式会社CUBEリノベーション
■千葉店:千葉市美浜区幕張西2-7-16-3F
 Tel.043-350-5255/Fax.043-350-5222
■埼玉店:さいたま市北区吉野町1丁目387-20
 Tel.048-780-2794/Fax.048-780-2974