こんな常套句聞いたことありませんか?〜こんなセリフは営業手口〜

「20年いや30年いや半永久的です」

少なくとも塗装において、20年大丈夫という太鼓判を押せるものは残念ながらありません。ましてや半永久的なんて、魔法でも使わない限りあり得ないことです。
だいたい少し考えていただければ分かると思いますが、塗替えというのは、新築から10年〜15年経過して、初めて塗り替えされる方がほとんどです。その塗替えから30年も美観を保つことができるというのは信じがたい話です。
今、関西ペイントや日本ペイントに代表される塗料メーカーが数知れずありますが、最高級の仕様の塗装をしてもメーカー保証は10年です。 ですから、塗替えをしてから徐々に劣化が始まりますけど、10年は大丈夫ですよ、と説明するのが深切だと思います。

「モニターにしますから」

「お宅様は通りに面していますから、当社施工の宣伝になります。特別価格にてご奉仕いたします。当社の宣伝になれば、ご近所でも評判です。」よく耳にする言葉ですけど、どなた様にもそういうたぐいの言葉を言っているようです。お気をつけ下さい。

「通常150万円ですが、今回に限り100万円にします」

いかにも今回だけとか、特別だとかを強調したり、50万円も値引きをしたりするのはおかしいと思います。最初お話ししたように定価というものはあってないようなものですから、どの価格を基準に設定しているのかが問題になります。
当然、商売ですから利益無しでできるわけはありません。たとえ50万円値引きしたとしてもきっちり利益は確保しているでしょう。ということは通常は50万円も暴利をとっているのでしょうか?
塗装工事の工事原価のほとんどは、人件費(手間賃)だと考えてください。普通、見積もり価格が適正であれば、10%ないし15%以上の値引きはできないと私は考えます。
ですから、30%も値引きができるとしたら、最初から上乗せしていたり、手抜き工事をするつもりなのかとしか考えられません。

「今やらないと大変なことに…」

「今塗替えをしないと壁が欠落しますよ」「内部の木材が腐ってしまいますよ」「屋根瓦が飛んでしまいますよ」
これらの言葉は危機感をあおって早く契約に持ち込もうとしている言葉だと思います。
確かに建物が劣化して危険な状態にある場合もありますが、そんな場合は塗装どころではなく、もっと根本的な修繕・改修が必要になります。塗装表面の劣化だけですぐ危険な状態になるというのは考えにくく、あくまで“そろそろ模様替えの時期です。ご結核を”ということなのです。
他によく耳にするのは、「今やらないと膨大な費用がかかります」というもの。通常よほどの自然現象(地震や大型台風)でもないかぎり、半年や1年で費用が大きく変わることはありません。

その他いろいろな言葉でお客様の気を引こうとしますが、それらのほとんどは営業成績をあげたい一念からくる言葉です。
もちろんん私を含めて営業成績をあげたいのは誰しも同じことですが、契約を急がせようというのはルール違反あなたが“したい”という気持ちになるのが一番なのです。

logo_box_inq.pngfreedial_box_inq.png
株式会社CUBEリノベーション
■千葉店:千葉市美浜区幕張西2-7-16-3F
 Tel.043-350-5255/Fax.043-350-5222
■埼玉店:さいたま市北区吉野町1丁目387-20
 Tel.048-780-2794/Fax.048-780-2974